pet検査についての情報


pet検査についての情報

癌の早期発見で有名なpet検査は、検査薬を点滴で注入し、撮影すると、がん細胞のみを映し出すといった検査です。
petは、ポジトロン、エミッション、トモグラフィーの略で、日本語では陽電子放射断層撮影を意味します。

がん細胞と正常細胞は、似ている為見分けが難しく、また、成長してないものはさらに見つけにくいといった難点があります。
しかし、がん細胞はブドウ糖が好物という性質があり、正常細胞よりも倍以上多く吸収するということがわかったことから、その特徴を生かしたのがpet検査であります。
pet検査でしようする検査薬は、ブドウ糖に似た成分を使用し、小さながん細胞をも映し出すので、早期発見にも役立ちます。
また、大きさによって進行状況が把握できたり、全身を映し出す事で、転移や浸潤の有無もわかります。

より良い癌情報を得るのに、とても便利な検査でありますが、妊娠している方は受けれないので気をつけましょう。
また、受けた人は、その日は妊婦さんに近づかぬよう気をつける必要もあります。

ためになるまとめサイト:pet検査編

pet検査とは、がんなどを調べるためによく利用される検査です。がん細胞は、正常な細胞に比べて糖代謝の活性が異常に高く、多くの糖を取り込みます。そのことを利用して、pet検査ではブドウ糖によく似た放射能を含む物質を点滴などで身体に投与します。全身にその物質が行き渡ったら、専用のスキャナーなどで体内のどこに特に多く溜まっているのかを調べることで、がんの有無や場所、良性か悪性かなどを知ることができます。
pet検査は放射性物質を使っていますが、その放射能量は極めて少なく、安全性は確認されています。そのため、身体への負担は少なく、かつ正確にがんを検査できます。検査結果は当日中に分かり、医師から解説を受けることができます。
検査にかかる所要時間は、点滴と薬剤が体内にまわるまでの時間が2時間程度、スキャナーでの撮影に40分程度となり、全体で3〜5時間かかります。
検査を受ける上での注意点をまとめると、検査前6時間以上は絶食し、糖分の入った飲み物は飲んではいけないこと、前日・当日の激しい運動は避けること、放射性物質を使用するため、乳児や妊婦とは検査後1日以上は接触してはいけないことなどがあります。